【美容室〜会話と眼鏡〜】

71歳になる母が

「お洒落な美容室に行きたいけど凄く嫌なの。」

というから理由を聞くと

「髪を染める時にね、眼鏡をとられるでしょ?
若い人にはわからないだろうけど、何も見えないの。
それで雑誌を渡されても逆に悲しくなってきてしまう。
何も見えない、情けなくて言えない、辛い時間が続く。
だから下手でもなんでも、会話をしてくれる店がいい。」

って嘆くから

「会話をしてくれる店もあるよ。」

と私が言うと

「会話してくれる店、どうやって見極めればいいの?」

なんていう会話をしてて

確かに、女性として年齢を重ねていくたびに
お洒落心が欠落していくかというとそうじゃなくて
ただ引け目を感じて出来なくなることは多いわけで

女性は特に半分以上が不安で成り立ってる生き物。
「私なんて、おばさんだから」が始まってしまうと
そうそうに何かにチャレンジする勇気なんて出ない。
うちの母は気も見た目も若いほうだけど、それでもそんな感じ。

お洒落な美容室には行きたい。でも行けない。

臆病の連鎖が始まるには理由があるなと思ったけど
これは経験してみないとわかんない話で。

自分が眼が見えてるもんだから
言われてはじめて気付いた。

高齢になってもお洒落したい女心は抜けないんだし。
女は死ぬまで綺麗でいたいんだし。

でも、お店側も高齢化に焦点合わせるなんて大変だし。

確かに私もこの仕事をしてなかったら
美容室ってどうやって選ぶのかさっぱり。

美容室だけじゃなくて
自分の職業や他の事にも当てはまるなと思って。

お洒落な店に行きたい。でも行けない人がいる。

これは迎える側の課題でもあるんだろうな。
そして表現、宣伝する側の課題でもあるわけで。

色々考えさせられる母との会話だったのでメモ投稿。

なんていうのかな
商売してると、時々大切なことを見失いそうになる。

こんなに無我夢中で働いてるけど
一体何がしたかったんだっけ。って。

親孝行がしたいと思って滋賀にいる事にしたのに、
母と一緒に過ごす時間が少なくなってたら
それは本末転倒じゃないかと思って最近は少し考慮してる。

仕事に対しても、そんな感じ。
目的を見失ってしまいそうになることがある。
大事なことってなんだろうって考える暇ないんだもん。

進み続けるのも良いけど流されるのとはまた違うから
立ち止まって振り返るのも大事だよね。

えらく長文。誰が読むんだ。ありがと。

at 03:47, TAKAE, 母とのこと

comments(0), -, - -

母がこっそり読むブログ

 


時折、母が

「ブログ読んだで。」

と、抜き打ちが行われる。


娘は思考も行動も自由ですが

日々頑張っておりますよ

そしていつも感謝してます

と、抜き打ちで伝える。

at 10:08, TAKAE, 母とのこと

comments(0), -, - -

母が揚げ豆腐をあげた理由

 



今日の夕飯、かにすきにする?それとも 味噌汁?


と聞く天然の母が


すでに揚げてある揚げ出し豆腐を買ってきて

再度油で揚げた時には、思いっきり笑ってしまった




あげれると思うものは

全部あげたい気分だった



らしい




なんかわからんけど

深いw

at 19:44, TAKAE, 母とのこと

comments(0), -, - -

母のいない生活

かれこれ一週間経過。

母が北海道へスケッチ旅行へ行き
あと3日は帰ってこないわけで。

お母さんがいなくなったら、こういう毎日か、、、
と、思ったら 正直憂鬱。

母がしてくれてたこと、ひとつひとつが素直に凄いと感じる。
私には仏壇に毎朝お経を唱える余裕はないし
物の場所とか些細なことがわからなかったりする。
家を守りきる自信なんてないや。


お母さんと他愛もないお喋りもできない毎日なんて
テンションが下がる一方で、めげる。

最強のマザコンな私には辛い毎日。
お母さんがいなくなった時を想像するだけで泣けるから
先が自分でオモイヤラレル。。。

at 01:23, TAKAE, 母とのこと

comments(0), -, - -

母の珍行動

母、直子が携帯を新しくした。



どうにも使い勝手がまだわかってないのはシカタガナイ。

けどもいわれなき理由で昨日怒られたw

どうやら、母は録音ボタンを押していたらしく
3日前の私との会話を携帯に録音してしまっていて
私にかけたつもりが3日前の録音と会話してたらしいw


詳細はこうである↓

電話をかけるボタンではなく再生決定ボタンを押す母
 ↓
私「もしもし、お母さん。」
母「なに!?電話でるんはやいな!あんた!」
私「もう玄関にいるで。」
母「なんで!?そんな約束してないやんか!」
私「どこにいるん?」
母「もうすぐ、あんたの事務所通るけども!
そんな約束してないのに勝手に待っててどうするんよ!」
私「ほな、待ってるわ。」
母「なんでよ!そんな約束してないやん!どこいくんよ。
どっかコーヒー飲みにいくんか?どうすんの?
なんで返事せんの?ちょっと!勝手すぎるで!!!!!」

そののち1分ほど怒って無言になった私と会話してたらしいw


3日前の会話はこうである。
珈琲を飲みにいく約束をしていたことが前提。

私「もしもし、お母さん。」
母「うん、もうすぐ付くよー。」
私「もう玄関にいるで。」
母「ああ、そうなん。私も今ついたわ!」
私「どこにいるん?」
母「トイレだけ行きたいし、ちょっと待ってて。」
私「ほな、待ってるわ。」
母「はいはーい。」

でした。

こののち、自分の珍行動に気がついた母は
自分に
「わたしゃ、漫画か。」
と、突っ込んで撃沈するように倒れ
そのうち、どうにも面白かったらしく
笑い転げだしていたよ。


いや、まず謝れw



ここで格言

「どんなアイテムすらも面白くできる人間は存在する。
それは大概「おかん」という生き物である。」

at 14:40, TAKAE, 母とのこと

comments(4), -, - -

愛ってやつは

愛ってやつは


伝わりません


思ってる以下くらいしか


全然伝わらないけれど


それでいい


ってのが愛なわけで


見返りとか


損得とか


そゆんぢゃなくて


ただただ何か相手のためにできること


かといって相手の迷惑にならないこと


これが愛ってやつなわけで。


何を語ってんだ?って
なんだか日々いろんなことがあるわけです

その中で自分が今日、すんごく必死になったことが
もしかしたら何人かの人を幸せにできたかもしれなくて

それに、ふと気付いた帰り道

私も少し幸せな気分になれたってだけなんですが


別に誰も、そのことに気付かなくても
全然いいやと思ったら、やけに温かな気分


言葉足らずで理解されにくく、勘違いされやすく

文字や形で表現する以外のことは、すこぶる苦手で

どうしようもなく不器用で、人によく嫌われますが

私なりの愛し方ってやつを見つけられそうな三十路前

別に無駄に年を重ねたわけでもなさそうだ。うん。

at 21:11, TAKAE, 母とのこと

comments(1), -, - -

本当の優しさとは

本当の優しさとは「黙っていること」

だと母が言った。


言ってしまえば、それは相手に伝わるけど
相手も傷ついたり、言った自分も心が痛んだり。

それに言ったところで伝わらないことも多いから
余計にイライラするだけだって。



うちの家はお商売屋さん。

先日S小学校の先生に仕事の失敗を激怒され
店で叱咤を受けて屈辱的な思いをした母。

そんなに言わなくてもいいだろうというくらい
女のヒステリックをぶつけられるごとく
謝る母を上から抑えこむようにガミガミ暴言を吐いたから
母は泣いてしまったわけで。


が、失敗の原因は母ではない。

でも母は言い返しもしない。言い訳もしない。

深く謝り続けるだけ。



私なら、そんだけ腹のたつこと言われたら

後でS小学校の生徒に言いまくり
PTAとかにも言いまくり、まわりにも言いまくり
その先生なんか、みーんなに嫌われちゃえばいいんだ!
んでもって、わからないように影で嫌がらせして
不幸な目にあえばいいんだ!って
発想になりません?

母がやらないなら、私がやってやろうか仇打ち。って
発想になっちゃいます。


母はそんな発言をした私にこう教えるわけで。


「もしも、その小学校の生徒たちが知ったら

そんな先生に習ってたのかと思うだけで性格が歪むでしょ?

そんな大人を手本にしてしまうかもしれないし

ましてや、その先生のこと好きな子は傷つくでしょ。

人の悪口をいう私の姿もこどもたちには悪影響。

それに、まわりもそんな話は聞きたくないだろうし

その先生も、たまたま虫の居所が悪かったりしただけかもしれない。

そんなことをまわりにばらされたら、彼女の性格はきっと余計歪む。

人間は構成する隙間がないと素直になれない。

だから、私でとどめておけばいい話なの。

私が我慢していれば、全部まるくおさまるでしょ?

暴言は簡単にいくらでも吐けるけど

黙っていることが真の優しさやよ。」


ふむ。。。

母はそうやって、今までも全部自分で抱えてきたんだな。

だから愛される女なわけなんだな。



本当の優しさは黙っていることか・・・

あたし、鼻毛とか出てても言っちゃうタイプ。。。

黙るって難しい・・・
頭で考えるより先に口から出ちゃうもんだ・・・


また教訓が増えました。

「真の優しさは黙っていること」




母の名言は多すぎて日記に残さないと覚えきれないわ(爆)

at 17:35, TAKAE, 母とのこと

comments(8), -, - -

魂の放出

今日は母とカフェでまったりしたティータイムを過ごしました。

長浜駅近くにあるR カフェって名前のいい感じのお店★

ちょっと行きつけになりそうな感じですo(^-^)o


最近はよく母と二人で珈琲を飲みに出かけますが
昔は母が喫茶店に行くのを大人だなと思ってたことをふと思い出しました。


母がお手洗いにたっている間に
つい、癖で携帯をいじりはじめてた私

それを見つけた母が一言

「たまには魂の放出しないと!」

魂の放出?

「ぼんやりしたり、自然を見たり空間を感じたりは大事」

と、お手本を見せるように黙りこみボンヤリする母

私も真似して外を見つめて、ボンヤリしてみた。


ふっと、気持がよい気だるい瞬間があった。

なんだか疲れやストレスが放たれるような感覚に陥り

「魂の放出は大事」とまた母。


そういえば携帯なんて持たなかったころ
時間をもっと感じていたような気がした。


何も考えない時間、でも考えている時間。
そこの空間に触れて溶け込んでいるような感覚。



これからは少し、携帯をいじる癖を控えてみようと思った。

at 23:42, TAKAE, 母とのこと

comments(2), -, - -

敬愛すべき三ババ妖怪トリオ

私、やっとこさ半袖を着れました。
しかし寒いため事務所では毛布を膝にかけてます★


新陳代謝の悪さは2007年グランプリを狙える勢い(*_*)

そう、私の弱点?は意外に身体が弱いこと。。。
すぐに風邪をひいたりなんやかんや。


私の母、直子は私の知る限り最近まで風邪をひいたことがなかった。

母いわく「ひいてる暇なんかなかったし」と言うが。。。

病は気から?気合いなどでひかないようにできるのかしら。



私が尊敬する三ババ妖怪は風邪をひかない。

皆一同に「ひいてる暇がなかった」というが。。。


説明しよう、三ババ妖怪トリオとは
祖母95歳、うちの店に働きにきてくれてる豊ちゃん73歳、母64歳である。


妖怪なのか?と思う程に若く賢く美しい者たちでヤマトナデシコ。
この三ババ妖怪トリオを見ていると自分の精神の弱さに情けなくなる。


祖母は恋せよ乙女派で恋愛こそが健康の源な麗しき乙女
幾度の結婚を経験し、ネイルも口紅もかかさずの女らしい生物

豊ちゃんは仕事と旅行が生甲斐のキャリアウーマンタイプ
独身ではあるが日々の家事も完璧で仕事も完璧のすきのない女

直子は家族と店を守るために日夜文句も言わず頑張る男勝りな人
厳格で我ままな父と添い遂げただけでも母の素晴らしさがわかる


この全然違う人生を歩んでいる3人は私のお師匠さんのようなもの。
3人の共通点は、風邪をひかない、強い、賢い、若い、自分に厳しい。
生きる姿勢が本当に美しいんです。


祖母の「過去はいいの、今なの。」という姿勢が好き
豊ちゃんの流行を勉強し取り入れる柔軟な脳みそと日々の努力が好き
母の「父の夢を叶えてやりたい」という謙虚なのに強い意志が好き


こんな女になれるのだろうか、というくらい
いい女の手本は身近にいるわけで。
この壁はひたすら厚く高く、まだまだ越えられそうもない。


まず、風邪をひいてる暇がない人間になるために

いま、長そで長ズボンで毛布をかけて仕事している事実だけでも
改善せねば、スタート地点にも立てないのであろうな(笑)
いや、なんか違うw兎に角風邪を治すのが優先ですなwww

at 09:54, TAKAE, 母とのこと

comments(2), -, - -

人たらし研究その1

さて、私は心理分析者でも何でもありませんが

先日分かりやすい「いい男」に遭遇したため

それを盗んでいきたいという思いから

研究結果を発表していこうと思います。

(なお、真のいい男は他にも身近にいますが

ここでいういい男は、人たらし術を持っている人のことです。)


研究結果その1

「人たらし」は頭の回転が速い。

即座に人の言葉を脳みそで認識し、それにあった言葉を返す。
これは、特別なことでもなんでもなく
「知性のなせる業」場の空気を読める人にあるのではないか。

「業」と書いたように、これは技術である。
なので、誰もが身につけることのできることなのだ。

簡単に報告してしまったけれど
これは、意識の改善をすべきだということを訴えたまでで
研究結果の初期段階であるため固く考えるのではなく

誰でもが「人を魅了する人たらし」になれる要素を
意識の持ち方次第で持つことができるということを
今日は学習の1つとして報告!



PS
SAMURAISMart戦国Tシャツ第8弾としてリリースされた
【お市の方】Tシャツが人気上々で完売寸前!

しょうぶ屋http://syoubuya.com/

at 17:50, TAKAE, 母とのこと

comments(2), -, - -