<< 【exhibition IN 貴詠】について | main | ありがとうございました >>

「IN」展



愛荘町愛知川に古くから伝わる
伝統工芸【びん細工手まり】
丸くて中がよく見える(丸く仲良く)ことから
縁起物として床の間や玄関などに飾らています。

今回、愛知川で作品展をさせて頂くにあたり
この由来をもとにした作品を制作しました。

中(内側)がよく見えるもの(鏡)をはめ込んだフレームに
床の間や玄関などに飾ると縁起が良いとされるもの、
植物や果物、景色、明るい色のものを描いています。
そして【愛】をモチーフに、
ひとつひとつメッセージを入れ込み、自分に問いかけるような、、、

心の内側と対話し、言葉を心に浸透させて幸せになるイメージで
【IN】という作品展名にしました。

INは心、内側、入口、陰と陽のINという意味でもあります。

鏡の中、対話する陰の世界があってこそ、貴方が光になるという意識、
自覚を持って頂きたいという願いがあります。

人は闇を恐れ、汚れを嫌い、見ることすら出来ず、
受け入れる事を拒否をしてしまう事があるけれど、
そこを乗り越えながら生きていくことが、
幸福な人生を歩むのに必要不可欠な事だと私は考えます。

これは貴方自身が自分の内側を見て、存在をまるごと受け入れ、
今日という日を楽しむ魔法をかける作品です。

全ての作品に
「 C'est  à vous de voir (全てはあなた次第)」
という言葉を入れ込みました。

自分を見つめ、人生は自分次第なのだということを、
忘れてしまいがちな自分に教えてあげる鏡になればと思います。

鏡よ、鏡...
世界で一番、あなたを愛しているのは、私。全てはあなた次第。
そう自分に言ってあげて下さい。
あなたの心が愛で満たされれば、
あなたが誰かを愛で満たす事はとても容易な事になると思います。
この魔法が、この出逢いが、
愛で満たされた世界が広がるきっかけになりますように・・・。


【exhibition IN 貴詠】
2013.10.01(tue)ー10.31(thu)
8:00〜17:00(Final day12:00) http://takaeron.com/

るーぶる愛知川(愛知川駅コミュニティハウス)
滋賀県の愛知川(えちがわ)駅にあるギャラリー
http://www.eonet.ne.jp/~e-machi/09_tenjijyouhou.html

at 19:33, TAKAE, 作品

comments(0), -, - -

comment